医師

医師は、地域社会で人々と密接に関わりながら医療サービスを提供することで成り立つ職業です。社会をよりよくする、地域を元気にするため、率先して他人のために力を貸していただきたいと思っています。当グループのビジョン「人を助ける仕事を選んだ」この言葉が医療人としての原点であると考えています。

01「医療プラスアルファ 提供できるクリニック

桐和会 小児科クリニック


医療プラスアルファを提供できるクリニック
桐和会グループでは、「医療・リハビリ・介護ケアの充実」を人々の暮らしを守る重要な柱の一つとして位置付け、地域に根差した医療と介護ケアサービスの提供に情熱をもって取り組んでいます。さらなる地域貢献を目的に、複数の小児科クリニックと「診療所併設型の病児保育室」を開設しています。
グループ内の小児科クリニックの院名に“わんぱく”が付いており、お子さんに元気にすくすくと育っていただきたいという願いを込めています。小児科は単に病気を治す医療行為の提供だけでなく、親の「子育て健康支援」も担っています。桐和グループの小児科医の目標は、保護者の皆さんとコミュニケーションを密に取りながら、医療プラスアルファを提供できるクリニックになることです。


桐和会 総合科クリニック


地域総合診療型クリニックは多岐にわたる診療を実現
桐和会グループのクリニックは地域住民のプライマリケアを担っており、0 歳の乳幼児から 90 代の高齢者まで幅広い年齢層の方々が、さまざまな病気や健康管理で訪れています。総合科クリニックは、桐和会グループ理事長の「地域総合診療型クリニックとしてのプライマリケアの充実と患者の利便性の追求を図る」という 理念に共感した常勤医師メンバーによって支えられており、内科や整形外科、皮膚科、小児科、成人病治療の肥満治療まで、診療は多岐にわたります。


桐和会 耳鼻咽喉リニック


ユニークな院長のもと堅実かつ勢いのある経営をが売り
桐和会グループ内の既存 6 耳鼻咽喉科クリニックでは、各々のユニークな院長により堅実かつ勢いのある経営が行われています。
医師の中には、診療所でのデイサージェリーやグループ内の病院での耳鼻科の手術を行っている者もいます。現在、局麻、全麻の手術を実施する常勤医師は2名おり、外来と手術をどのような割合でやるかは、個々の耳鼻科医のライフスタイルによってさまざまです。

02組織のマネジメント 担う人材を募集!!

桐和会グループでは、通常の外来や病棟管理といった医師業務に加え、組織のマネジメント業務を一緒に行ってくださる人材を募集しています。
マネジメントとは「組織や団体、人が存続・発展するための全ての活動」ということで経営学上の定義は「組織に結果を出させること」です。
新しい病院や新しい診療所群の立ち上げを一緒に行い、組織全体の人事管理や社会福祉法人、学校法人のマネジメントをやっていくといったことが業務内容です。

03患者さま・ご家族・職員から 愛される病院を創ります

東京さくら病院


患者さま・ご家族・職員から愛される病院を創ります
東京さくら病院は、医療・介護・リハビリテーションを通じて地域医療に貢献すべく、2013年に開院ました。当グループは都内でおよそ30のクリニックを運営していましたが、地域医療に携わる中で急性期治療後、入院療養や看護が必要な患者さまをバックアップする病院が少ないことに問題を感じていました。そこで、一般病棟(現在は地域包括ケア病棟)、回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟を備えた病院を開設しました。クリニックだけでは完結できない患者さまを受け入れ、外来や在宅への橋渡しをしています。また、江戸川区で唯一の緩和ケア病棟は患者さまとご家族が自由にかつリラックスして過ごせる環境を医師、看護師をはじめチームで創り出しています。また、認知症を持つ患者さまを積極的に受け入れ、2015年には認知症疾患医療センターを開設しましたので、医師も専門的な知識を学ぶことが可能です。
これからも良質な医療を提供し、患者さま・家族・職員から愛される病院を目指してまいりますので一緒に働きましょう!!


川口さくら病院


認知症を持った患者さまに全人的なケアを!!
川口さくら病院は、認知症治療病棟120床、一般病棟60床、認知症疾患型120床を有しています。認知症専門の病院として地域の患者さまのみならず、遠方より入院され、PTSDの激しかった患者さまに安心した医療と介護を提供しています。
2019年4月には新棟100床を地域包括ケアとして開設予定です。
今後ますます増える認知症をもった患者さまに対して、全人的なケアのできる医師を募集しています。また、新設の地域包括ケア病棟は、さまざまな疾患を持った患者さまを受け入れることができるため、診療、病棟づくりにも夢があります。ぜひ力を貸してください!!


(仮称)千葉大学病院浦安リハビリテーション教育センター
城東桐和会浦安病院


医師を中心としたチームを創り先進的な地域包括リハ・ケアシステムを構築
2019年4月、(仮称)千葉大学病院浦安リハビリテーション教育センター城東桐和会浦安病院は、千葉大学医学部付属病院と医療連携をし、リハビリテーション教育センターを開設します(院内に寄付講座制度利用によるリハビリテーション教育センターを整備します)。リハビリテーション教育センターでは、医療を受ける方に還元される先進的な研究を実施予定です。また、千葉大学からの指導者は、質の高い医療を担う優秀な人材の育成に努めます。
浦安市、千葉大学医学部附属病院との医療連携協定により、東葛南部医療圏の地域包括ケアシステムの具現化をチーム一丸となって目指します。
日本で一番高齢化率の低い浦安の地で、医師を中心としたチームを創り、先進的な地域包括リハ・ケアシステムを構築していきます。よりよくより豊かな人生を患者さま・職員は享受しましょう!!

04募集要項

勤務地 東京さくら病院
※その他の勤務地と募集業務については下のリンクボタンから
住所 〒133-0063
東京都江戸川区東篠崎 1-11-1
都営新宿線篠崎駅から京成バス10分 内沼下車徒歩3分
診療科 内科、リハビリテーション科、精神科
業務内容 病棟管理
外来数/日 無し
ベッド数 地域包括ケア病棟 40床 医療療養病棟 120床
回復期リハビリテーション病棟 60床 緩和ケア病棟 38床
平日勤務時間 8:30~17:30
当直 基本的に無 (当直は非常勤の先生にお願いしています)
保険等 健康保険 厚生年金 労災保険 ※雇用保険応相談
医師賠償責任保険 病院として加入
休暇 公休日をからめ連続1週間の休みを年2回、年末年始4日