リハビリ職岡部 翔一

(2013年4月入職)

チームアプローチと研修制度で
幅広く勉強できるのが魅力

桐和会を選んだ理由

リハビリに興味を持ち、ずっと住んでいる江戸川の地にリハビリで貢献したいと思っていたところ、東京さくら病院のオープニングを知り、4年前にオープニングスタッフとして入職しました。東京さくら病院の所属する城東桐和会を始めとしてグループの規模が大きく、いろいろとチャレンジできそうだったのが魅力でした。
オープニングの際は本当に大変でしたが、皆が1つの同じ目標に向かって作り上げていこうとする熱気みたいなものをとても魅力的に感じたことが記憶に残っています。

入職してみて

リハビリはとてもいい仕事だと思っています。せっかく取得した国家資格なので、いい環境で思う存分資格を生かした仕事をしていただければと思います。
桐和会のリハビリはPTOTSTが担当する領域で分かれているのではなく、一人の患者さんに対してチームでアプローチしていきます。
資格による垣根が無いので、幅広く勉強できるのも魅力です。

桐和会を目指す方へ

単にルールに沿って仕事をこなすのではなく、自らの考えでルールに肉付けしていける方が来てくれたらと思っています。桐和会グループのそれぞれの職場には、新しい意見を受け入れる雰囲気がありますし、これからも発言しやすい雰囲気は大事にして行きたいと考えています。こうした自主性の発揮をグループの企業文化として伝承していってくれる方とお会いできることを楽しみにしています。