新卒採用社会福祉士・精神保健福祉士

ご家族、施設の職員、役所や福祉事務所など、多くの人たちと関わりながら調整業務を実施するのが、社会福祉士・精神保健福祉士の仕事。患者様、利用者様、ご家族様、働く職員などさまざまな立場、視点から考え、「どうしたらよりよい生活を送れるのか」を求め続けていきます。

01前向きな未来に向けた提案で、
不安を抱える患者様・利用者様と
ご家族様を包括的にサポート

患者様、利用者様、ご家族様、区役所や福祉事務所、地域包括センターなど様々な方面からの相談に対応しながら、入院の案内や介護施設の案内などもします。

病院・高齢者介護施設はもちろん、クリニックや在宅医療など、地域の方々を支えるための社会基盤を包括的に網羅するタムスグループ。グループ内包括ケアの中核として、グループの幅広いフィールドを活かし、ソーシャルワーク業務に従事でき、多くの経験を積みながら活躍していただけます。

【配属先】
社会福祉士資格取得者:
病院(急性期・回復期・慢性期)・
高齢者介護施設(介護老人保健施設・特別養護老人ホーム)

精神保健福祉士資格取得者:
病院(病棟・デイケア・認知症疾患医療センター)


02社会福祉士・精神保健福祉士
スタッフの1日

患者様・ご家族様がご自宅や施設で安心して生活できる環境を整えるサポートをしていきます。
どのような業務を行っているのか、病院ではたらくメディカルソーシャルワーカーのとある1日のスケジュールを紹介します。

03介護職研修なし!
1年目から相談業務に関わる

タムスグループの社会福祉士・精神保健福祉士は介護職としての施設内研修はなく、1年目から相談業務に従事できます。
また、入職後はグループの幅広い事業領域を活かして、認知症支援や在宅支援、就労支援などにも関わることができます。興味関心の変化に合わせてキャリアの幅を広げていくことが可能です。
1年目から様々なケースに関わり、知識・経験を増やせることが「より良い生活」に向けた提案に繋がります。